FC2ブログ

Quartetto!

当ブログは、オンラインRPG「エミルクロニクルオンライン」のクローバーサーバーで活動する、 間抜けなキャラクター達の日記とか絵とかまぁあれこれです。

gmm01.jpg

黄彩「むーん。」


ライ「どーした?ヘンな顔して。」




黄彩「あ、ライはん。
さっき、ギャンブラーギルドからの便りが
ウチ宛てに届きまして…」






gmm02.jpg

ライ「ほう。そういやお前、
あのうさんくさいギャンブラーギルドに
引き抜かれてたんだっけな。」



この時の記事参照。





gmm03.jpg

黄彩「ですです。
今まで何の連絡もなかったんですが、
急な呼び出しがかかって…
ちと、行くのが不安なんですよ。」






ライ「なるほどなぁ。
サボったら駄目かね?」




黄彩「やー。駄目でっしゃろ。
しゃあないし、行ってきますー。」






ライ「ん。気をつけてな。
フェア様についていってもらうか?」




gmm04.jpg

黄彩「いいえー。」

gmm05.jpg

黄彩「プチと一緒に。」


プチ「みゅー!」




ライ「おk。」










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









gmm06.jpg

マスター「ようこそ。ひさしぶりね、黄彩。」





黄彩「お、お久しぶりです。」




マスター「さっそく用件から行こうかしら。」





黄彩「相変わらずの強引な会話!」




gmm07.jpg

マスター「クスクス。
貴方をギルドに迎え入れてから、
進めていた準備が整ってね。
貴方に仕事を与えに来たのよ。」





黄彩「仕事…?」




マスター「まぁ、座りなさいな。
…貴方に、ウチの正式な
ギルドの運営メンバーとして、
働いてもらいたいのよ。」




黄彩「!
…そういう約束は無かったはずです…
それに、ウチには将来の夢が…」






gmm09.jpg

マスター「ええ。知っているわ。
黄彩・フルーテル。」





黄彩「うえ!?
な、なんでウチの苗字…!」





マスター「知っていたわよ。
知っていたから、
貴方をギルドに迎えたんだもの。」




黄彩「…。」





マスター「フルーテル家。
代々高名な学者を輩出している、
知る人ぞ知る西の大陸の家系だわ。
貴方のご両親、
今はトンカで研究をなさってるんでしょう?」





黄彩「すごいですね…そこまで。」



マスター「情報は武器よ。
…息子の貴方も学者への興味を持ち、
アクロニアに西言語の文献を探しに来た…
そうよね?」




黄彩「ええ。そうです。」



プチ「みゅー…。」




gmm08.jpg

マスター「前にも言ったけれど…
私達のギルドは、アウトサイダー。
けれど、今後の為には、このギルドは
認知されていかなければならないの。
そのために、私達は今、
知財を欲している。」





黄彩「…。
なんとなく、分かります。」





マスター「貴方に、ギルド員として…
夢であった学者になってもらいたいの。」




黄彩「…でも、ウチは…。」




どさどさどさ。



黄彩「…?」


gmm10.jpg


マスター「ギルドで集めた、西言語の文献よ。
古代アクロニア語に、アクロニア古代史…
まだ、ギルドにかなり置いてあるわ。
これらを、自由に使わせてあげる。」




黄彩「!!」






マスター「私達は、ギルド認知の為に
貴方の学者としての頭脳を欲している…
貴方は探していた文献を使って、
思い切り研究が出来る…。
……どう、かしら。」




黄彩「凄い…。
こんなにまだ現存してたんや…。」






マスター「…これはもう、お願いだわ。
これからのギャンブラーギルドのために、
貴方の力を貸してくれないかしら…?」




黄彩「…分かりました。」



プチ「みゅー。」





黄彩「…ただし、
ギルドが何か悪いことに手を染めたり、
知識を悪用しようとする時には…
すぐに騎士団に報告しますよ?」





マスター「クスクス。
この言い方だと怪しく聞こえるわよね。
…大丈夫。
私達は本来のギルドのような
正統な組織に成りたいだけ。
法に背いたり悪事を働くつもりはないわ。」





黄彩「…なら、いいです。」




マスター「協力してもらえるかしら?」



gmm11.jpg



黄彩「ええ…そんな数の文献、
見たこともありません…!
早く研究したくてしょうがないですよ!」




プチ「みゅっみゅー!」


gmm12.jpg

マスター「…ありがとう。
改めて、ようこそ。
ギャンブラーギルドへ!」









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








gmm02.jpg


ライ「で、冒険者から
ギルド運営メンバーに早変わり…か。」




黄彩「給料もええし、
毎日研究し放題。最高の職場ですわ。」





ライ「はーん。
昔っから難しいこと好きだよなぁ…
まぁ、無理だけはすんなよ?」





gmm13.jpg

黄彩「ええ!
今日もいってきます!」













ライ「両親と同じ学者の道…か。」











gmm14.jpg

黄彩「ウチは、
父さんにも母さんにも負けん、
ごっつい学者になるでー!」




プチ「みゅっみゅー!」

黄彩さん でっかい夢を持ってますねぇ
なんだか男前に見えます(´ω`)

これからギャンブラーギルドはどう動いて行くのでしょうか・・・

2009.03.17 00:03 URL | ラクトキャスター #- [ 編集 ]

黄色が男前って言われたの初めてじゃね?
というわけでコメント感謝なのです。

ギャンギルは…どうなるんでしょうねぇ。
ギャンギルって略すとモビルスーツみたいですね。

2009.03.22 22:39 URL | ライ #RsbNXKVg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoquartetto.blog57.fc2.com/tb.php/217-f045ea16